ホーム > 改正貸金業法について

借入可能額の大きい会社

2010年6月に完全施行された気になる改正貸金業法の変更ポイントを紹介。
年収の1/3までといわれる「総量規制」、「専業主婦への規制」といった重要な新しい借入のルールを説明。

総量規制って一体どんなもの?

総量規制とは、借入総額が原則として、年収等の3分の1までに制限される規制の事です。
それにより、年収の1/3を超える新たな借入は出来なくなりました。
年収300万円の人だと、その3分の1の100万円を超える新規の借入が出来ません。
既に250万円の借入がある場合は、追加で借入できる金額は50万円までとなります。
既に、1/3を超えた借入をしている場合は、新たな借入はできませんので、1/3未満になるまで返済のみとなります。

ただし、例外として「銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫からの借入」「クレジットカードのショッピングでの借入」
「住宅ローン、自動車ローンの借入」「顧客が一方的に有利となる借り換え」「緊急の医療費の貸付」
については、規制の対象外となります。

当サイトでは、総量規制の対象外となる、銀行のカードローンも多数紹介しいています。
→ 総量規制の対象外・銀行のカードローン

総量規制について-まとめ画像

専業主婦の方の借入について

法律改正によって、本人に収入のない専業主婦(夫)の方の借り入れについては、配偶者の同意が必要となりました。

大手消費者金融(アコム、アイフル、プロミス等)やクレジットカード各社は、同意書類の手続き等で、貸付処理が煩雑化
されてしまう為、配偶者の同意があっても貸付を行わない事になりました。
その為、実質大手の消費者金融やクレジットカード会社では、自身に収入のない専業主婦の方は借入が出来なくなりました。

専業主婦の方でも、アルバイトやパートによって、自身に安定した収入がある場合は、多くの会社で借入可能です。
また、銀行のカードローンでは、規制対象外のため専業主婦でもOKの会社もあります。
→ 主婦でも借入okな会社

専業主婦の借入について-まとめ画像